Month: 2月 2018

ビットコインの最高額が更新されて69万円に達した

現在暗号通貨のビットコインの値段が史上最高額の69万円に達しています。
最高額を更新した65万円をに達したのが16日、そして18日には58万円に下がりもっと下がるかなと思ったら回復して現在に至り驚きました。
この調子なら今日中に70万円を超えるのではないでしょうか。
こういう時にいつも思うのですがもっと買っていれば良かったと思うのですが、もうしょうがないことなのでじっくり保有しつつ機会があったら買い増して行きましょう。
25日にはビットコインが分裂してビットコインゴールドが生まれますが、私が使っている取引所ではそれを付与してくれるそうなので安心です。
どの取引所でも付与してくれるものだと思っていたら、そうではない取引所もあるそうでそこでビットコインを持っている人はがっかりしただろうなと想像しました。
ですが暗号通貨は別の取引所に送金できるので対処は可能です。
しかし手数料がかかるそうなのでやはり元々使っている取引所が全てやってくれることが一番だとも思います。
まだかなり先だと思っていた10月25日はもう来週なので一体どうなることか楽しみなのですが、できれば資産が増える結果になって欲しいと思うのでした。

お鍋のサイズはふちでなく底で測らないといけません

先日、私は長年使っていたお鍋をひどく焦がしてしまいました。ステンレスのそんなに高価なものではありませんでしたが、とても使い慣れていたので、ショックでした。フライパンもお鍋も、そんなに頻繁に買い替えないものなので、お鍋を買いに行こうと思って、私は自分の使っていた鍋のサイズをちゃんと知らない事に気がつきました。わざわざメジャーを出して来て、私なりに鍋のふちから直径を測りましたが、19センチ位だったので、これは売り場で売っている物としては20センチ鍋だろうと思いました。
翌日私は、早速新しいお鍋を買いに行きましたが、このシリーズが良い!と気に入った鍋には、両方に持ち手が付いている両手鍋しか20センチの物はありませんでした。今まで使っていた鍋は片方に長い持ち手がついている片手鍋だったので、私はその場で迷いました。18センチなら今までと同じ片手鍋があったのです。
結局、迷いに迷った末、持ち手よりも大きさが大事だと思い、私は20センチの両手鍋を買って、重たいお鍋をぶら下げて家に帰りました。しかし、自宅で焦げて使えなくなった鍋の横に買って来た物を置くと、一回り大きいではありませんか。もう一度メジャーで測ると、鍋のふちは蓋を置く溝などがあるため、大きめに作られていて、これまで愛用していた鍋の底はピッタリ18センチでした。
私は良い歳をして何てバカなのだろう…と思いながら、レシートと買ったばかりの鍋を持って、雪が舞う中ため息をつきながら、もう一度トボトボお鍋の取り換えに出掛けたのでした。

いつもなんでもやることが雑な私のおじさん

先日、一ヶ月ぶりにおばあちゃんの家に行ったときに、庭の木の枝が落とされていました。
おばあちゃんの家ではおばあちゃんがが一人で住んでいるので、自分でやったということはないでしょう。
どうしたのか聞いたところ、数日前におじさんがやってきて、丸一日をかけて枝を切ってくれたのだと言っていました。
そろそろ寒くなってきて木の葉も落ちる頃だし、近いうちにやってあげないとなと思っていたのでラッキーでした。
というのも、枝落としというのあ結構時間がかかる作業なので、おじさんがやってくれたということには感謝したいものです。
しかし、それにしてもちょっと作業が雑というか、センスがなさすぎるなとも思って残念に思ってしまいました。
秋や冬にかけて枝を落とした木々も、春になれば葉が出て新しい枝が伸びるようになります。
それを見越して残す枝と落とす枝を考えつつ作業するのですが、おじさんの作業の後を見るとそういう思考が感じられません。
おじさんは昔から何事においてもわりと雑な人なので、おじさんがやってくれたと聞いたときに、妙に腑に落ちてしまいました。効果 脱毛ラボ