Month: 10月 2017

前日、仕事中の事件だ。自転車同士の激突が凄まじかっただ。

 きのうですが売買にさっさとなりました。ユーザーの団体の仲間入りでの更新進行を今月にしないと金やストーリーが以前と違う接待になってしまうので。Hオフィスのリーダーと進行をしなければなりませんでしたが、Hリーダーは家族が亡くなられたりして愛知の皆様にどんどん行ってあり進行できませんでした。一昨日の夜に帰ってきて「間もなく進行しよ。ユーザーの団体とさらに。週末に来れんか?」とボクは断わる利点も無く上司にアナウンスしたら許認可が下りました。本当は世帯とレジャーに行ったり接待しなければなりませんでしたが、これも世帯と赴きるためにと済む聞かせ出勤しました。Hリーダーの団体に赴き進行をし約1時間ほどで問題なく無事に終了しました。その後はHリーダーと余談辺りをし団体を出ました。Hリーダーは会社で新たに購入したクルマと装具が外部にあるので見せて説明してくれました。午前とはいえ暑く高揚もあり日の日差しが熱かっただ。装具を見ながら話していると私達の前に20料金ぐらいの若々しい男性が黒のBMXの自転車で飛ばして行きました。「凄まじい早さです!」とHリーダーは驚いてました。確かに素晴らしい速さでした。そんなに言い終わった後、バーンと激しい動画が聞こえました。ボクとHリーダーは驚いて動画の方を見ると向かってきた40料金の皆様の取り入れバイクとぶつかってダブル土地のアスファルトに叩き付けられてました。BMXは前輪がグチャグチャで取っ手がありえないくらい曲がってました。取り入れバイクはタイヤが逸れて転がって赴きフレームもあり得ないくらいねじ曲がってました。漫才かと思いました。20料金のダディーの色眼鏡は割れ頬から血液が出てました。取り入れバイクのオッサンの皆様は「肩が厳しい!」と呻いていました。「わし、至急クルマと警官呼んで引き上げる。」と携帯でコールしました。ボクは倒れた二人の元へ行きました。取り入れバイクの男性が「よそ見して前文見てないからこうなるんだよ!」と疼痛に堪えながら怒ってました。BMXのダディーも「あんたもまん中停止しないででてきただろう!」と膝の疼痛に耐えながら起き上ろうとしてましたがどうも立ち上がれませんでした。もうすぐ警官と至急クルマが来ました。ミッシリ外に出て洗車をしていた若々しい男性が全部見ていて警官の皆様に雰囲気を説明してました。後から聞きましたがBMXの男性が完全によそ見をして前の取り入れバイクの男性に突っ込んで行ったそうです。因みに取り入れバイクの男性はまん中中断をしてたとの時でした。悶絶して倒れてある両者にマッポが雰囲気を聴いて2卓きた至急クルマに運ばれていきました。ボクはHリーダーと近所の皆様と散らばった自転車の残骸をリタイアなどで片づけました。Hリーダーの団体にともかく捨て置くと決まったので壊れた自転車を見てもっとこれは乗れないだろうと思いました。衝撃でのキズは自転車だけでなくクルマにも呼べる地。気を付けなければいけないと思いました。Hリーダーの団体から立ち去るのと午前の売買が対応や雰囲気聴取で私も物語を聞かれたので原則社内に帰ってきたのは14ご時世でした。昼めしを食べ損ねてしまいました。それから至急帰りました。きのうはあんな現象がありました。

仕方ないです、ゆるくしてもいいと思います

救急屋の費用を取るといっても、最低でも入院しないというか重症の場合以外は、1万円は取らないといけませんね。だって、そこまですれば、呼びませんから。それでも、すぐに診察してもらえるから、自分は使うという人が出るかもしれません。でも、それは、その人の人間性を感じたほうがいいです。本当に必要な人が呼べなくなるといいますが、そこは呼んだらいいのです。人間性の問題です。そこまで、日本人は、低い文化をもってはいないでしょう。タクシーのようには使わないと思います。
すると、オオカミ少年のように、オオカミが出た、オオカミが出た、といって、本当に狼が出たときに、呼ばないということもあるかもしれません。ただ、その場合は、仕方がないですよね。あきらめてもらうしかないのではないでしょうか。そのくらい、ゆるくてもいいですよ。
重大な時には何度よんだ場合でも、わかっているではありませんか。自分も、周りも知っているはずです。