Month: 9月 2017

気になって購入した『なげわローストチキン味』を食べてみました

クリスマス仕様のパッケージのなげわ・グラタン味とローストチキン味が売っていたので購入してみました。

ローストチキン味を食べてみたんですが、何かの味に似ている気がします。
『なんだろう、なんだろう』って思い悩んだ結果適切な表現が見つかりました。
ベビースターラーメンのチキン味に似てるんです。
と言うことはチキンの味がちゃんとしているということで合格です。

グラタン味が不発に終わったので、あまり期待せずに食べたのが良かったのかもしれません。

あとローストチキン味なんですが、何故かなげわがちょっと細めでした。
なげわと言えば太めのリングくらいのものな認識があったので、開封して中身を見たときは少し驚きましたね。
食べやすい大きさなので嫌いではなかったです。

欲を言えばもう少しロースト感が出てたらよかったのかなと思います。
若干鶏がらスープな感じの味かなと思ったので、高級感が少し薄れてしまいました。
ローストと言えば焼きが入ってると思うので、もう少し香ばしさが欲しいところですね。

昭和の景色の最後世代が、今の若者たちです

理系ブームだそうですね。それにも関わらず、文系の学生の方が就職もあたりが良いとは、可愛そうです。もっと、技能を重視して欲しいです。これkらは、日本も良くなるはずですよ。もちろん、たくさんニュースがありますが、周りがおちついて、目立つようになっとということでしょう。今までは、曖昧だったのだと思います。学生らし子供たちがおトナになるのです。頼もしいし、大事にしたいです。ハメを外して、叫んでいるような子供にも、会いません。
屯している子供にもです。
習慣というのは続きますから。
今なら、まだ、要亭に行っていたお子さんも半分以上いるはずです、極端に、いなくなるのは、ここ最近なのです。宣伝が効きすぎました。日本の景色が消えました。若者たちは、昭和の日本の景色を見ている最後世代かもしれませんね。
制服を着た幼稚園児に出会うと、オオーと思ってしまいます。そのくらい希少です。カワイイより何より、ここにいたのという感じです。http://www.apfgifted.org/

五輪を見たり細胞などについて勉強した

夜更けに、五輪を見ていました。陸上をやっていたので見ていました。そして、BGMを聴いていました。韓国のBGMを聴いていました。そして、細胞などについて育成をしました。ほとんど60兆個の細胞から変わる私たちの体調も、その発祥は受精卵という1個の細胞でした。その受精卵の元となったのは精子と卵でした。精子と卵はどのようにしてできたのでしょうか。からだがとれる初期の段階で、始原生殖細胞(染色ボディー回数2n)が体内にでき、これが精巣に移動して精原細胞(2n)となり、ボディー細胞分散で回数を付け足します。初期の階級はヒューマンの事態、受精から3週ごろだ。精巣に移動するのは受精から5週ごろだ。これらは成長してゼロ次精母細胞(2n)となり、減数分散を行い、二次精母細胞(n)を経て4個の精細胞(n)ができます。これがひとつひとつ変形して精子(n)となります。正に精子を観察してみましょう。知らないことを知れて良かったです。キレイモ 回数