地質などについて学校をしました。太古代の地球表層には地殻や海が存在し、そこでは原始的ないのち(細菌系統)が繁栄しました。25億ご時世前部〜5億4200万ご時世前は原生代とよばれ、こういう約20億通年には、動物がレベルアップ・大形化を達成しました。冥王代・太古代および原生代は、顕いのち金の最初の地質ご時世よりも前のご時世という意味で先カンブリア時代とよばれています。現代の動物の真っ直ぐ祖先が随分進化・発展した最後の5億4200万通年は顕いのち金とよばれます。顕いのち金はますます、古生代(5億4200万ご時世前部〜2億5100万ご時世前部)、中生代(2億5100万ご時世前部〜6600万ご時世前部)、新生代(6600万ご時世前部〜近頃)に3取り分されます。新生代の最後の260万通年はとくに第四紀とよばれ、氷河の向上と人間のトレーニングがあったご時世として区別されています。このようにご時世選別は、主に動物の発生や絶滅のチャンスで決められています。知らない要素もあったので、勉強になりました。http://xn--eckeogs9d6olcm8ec1h.xyz/