ジグソーパズルの記事を書いていて、思い出したようにオリビア・ニュートン・ジョンのCome on overを聞いてみる。作詞作曲はこれまた大好きなビージーズの曲で1970年代中ごろの曲だ。
歌詞は、私の心がジグソーパズルのようになったらそばにいてという歌であり、この曲も大好きな歌であり心に染み入る曲である。
もっとも、この曲を聴いていられる時は心がジグソーパズルがバラバラになった状態では聴けないわけではあるが…。
まあ、完全にそういった状態になったことはないのだが、それに近い心境の時はむしろ誰かにいてほしいというよりは一人にしてほしいと思ったことの方が多い。
結構、孤独というのは1人では感じない事が多く、大勢の中の疎外感を感じる時の方が個人的には多かったように思う。
そういった場合には、友達でも親でもダメで、自分で立ち直る方法とかいやすことを考えなければ解決しない。もちろん、そんなときでも癒すような人物に巡り合えていないだけかもしれないが…全身脱毛 おすすめ